等価交換 あなたの土地を有効活用。しかも自己資金なしでマンション建設。それが、等価交換です。

等価交換とは

お客様が所有している土地にマンションなどの建物を建設し完成した建物を弊社とお客様が出資比率により分割所有する方法です。マンションの建設資金は当社が負担するので、お客様がマンション建設資金をご用意する必要はございません。また、マンション建設の事業進行はすべて当社が責任を持って行いますのでご安心ください。

お客様はお持ちの土地をご提供していただくだけで、新しいマンションの一部を所有していただけます。

■ 等価交換・概念図

等価交換のメリット

  • 自己資金なく、マンション建設ができます。

    マンション建設の自己資金はご必要ありません。当社のマンション事業に土地を出資するとお考えください。当然マンション建設資金は、当社が負担致します。

  • 完成したマンションにお住まい頂けます。

    ご自身のお住まいを確保しながら、土地活用していだけるとお考えください。完成したマンション内のお好きな階にお住み頂け、間取りやインテリアもお好み通りに設計できます。

  • 譲渡税の優遇措置が受けられます。

    土地の売却には通常譲渡税が掛かりますが、等価交換だと税制上の優遇措置を受けることができます。※法人所有など対象外もあります。

  • 遺産分割がカンタンにできます。

    1つの土地をお子様の人数で分けるのは難しいですが、マンションなら、お子様の人数分の戸数を確保しておけば将来の遺産相続の際、スムーズに分割ができます。

  • 自己所有分を現金で受け取ることもできます。

    お客様の所有分をマンション内の住戸ではなく、“交換差金”として現金化できます。他の融資などの活用をお考えの方にも対応できます。

  • 自己所有のマンション居室を賃貸にできます。

    自宅が他にある場合や数戸を所有する場合に空いた自己所有のマンションを賃貸にまわせば家賃収入を得ることもできます。

  • 借地権や底地権でも等価交換できます。

    土地の所有権だけが等価交換の対象ではありません。借地権、底地権でも等価交換が可能です。その場合、地主や借地人との交渉が必要ですので当社にご相談ください。

  • マンション以外の建設も可能です。

    オフィスビルや老人ホームなど、マンション以外も建設できます。活用したい土地の立地特性や、周辺状況、ニーズを考慮し最適な建設プランをご提案します。

等価交換のデメリット

土地の所有権が区分所有となります。

土地や人生設計で等価交換の仕方も様々…あなたに最適なケースはどれ? ケース別等価交換

TOPへ